猫を飼い始めるならば、まず最初に覚えてほしいのが「トイレ」ではないでしょうか。
猫は同じ場所で排泄する習性があるため、犬などに比べると、比較的しつけることは簡単だと言われています。
たとえ外出自由な猫であっても、猫の排泄物はご近所トラブルのもとになりますので、必ず室内の決まった場所でさせるようしつけましょう。

○一度場所を決めたら出来るだけ動かさない

猫は野生時代、排泄物のにおいで敵に自分の居場所を知られないように、縄張り内で排泄する場所を決めていました。そのことから、猫は一度トイレを覚えると同じ場所で排泄する習性がありますので、まずは置き場所を固定することから始めましょう。
猫は変化を嫌う動物なので、もし移動する場合には、猫が気づかないよう少しずつ移動させましょう。大幅に動かしてしまうと、元あった場所に排泄してしまうこともあります。

○トイレの置き場所は静かに落ち着けるところで

野生の猫は、巣の場所を悟られないように、巣から離れた物陰で排泄します。その習性があるため、人目につかないような静かな場所に設置するのが鉄則です。リビングや玄関のような人の出入りが激しい場所や、子供部屋のような声や足音が騒がしいところは不向きです。とはいえ、排泄物のチェックや掃除などもありますので、飼い主の目が行き届かないような場所は避けたほうがいいでしょう。
人の通りが少なく静かで落ち着ける場所で、猫が自由に出入りできる場所に置くようにしましょう。また食事の場所とは離すようにします。

○トイレの容器や砂は猫に合うものを選んで

容器には砂を入れて使う箱タイプや屋根付きのドームタイプ、ペットシートと砂を入れる2層タイプなどがあります。猫にあった大きさの容器、好みにあった形状を見極めて用意しましょう。
猫砂は種類が豊富です。粒の大きさやにおいなどの好みがあり、砂が気に入らないとトイレを使ってくれないこともあるので、何種類か用意して猫に選ばせるのもいいでしょう。
以前使っていたものがあるならばそれと同じものがいいです。猫には自分のにおいの残った場所で排泄する習性があるので、以前使っていたものを新しいものに混ぜておくと、しつけがスムーズに行えます。

○「トイレサイン」を見逃さないで

トイレの場所を教えるには、猫の「トイレサイン」がチャンスです。
目が覚めたときや食事の後、「室内や床のにおいをクンクン嗅ぐ」「そわそわ、うろうろと落ち着きなく動き回る」「床を掘るような仕草」などの様子が見られたら、トイレに行きたいサインです。すかさず優しく抱っこしてトイレの砂の上に連れていってあげましょう。その際、そばでじっと見ていると猫は落ち着かず、うまくトイレが出来なくなることもあるので、少し離れたところから静かに様子を見守ってあげてください。
最初の2〜3回だけ確実に誘導してあげれば、自然とトイレの場所を覚え、自分から入るようになるはずです。

○失敗しても焦らず対処を。うまく出来たら褒めてあげましょう

トイレでうまく排泄できたら、よく褒めてあげましょう。猫も喜びしつけがスムーズに進みます。
しつけを始めたばかりで、失敗してトイレ以外の場所で排泄してしまった場合、排泄物がウンチならそのまま、おしっこならティッシュや布に染み込ませてトイレに入れ、猫ににおいを確認させて、そこが排泄の場所だと教えましょう。
粗相をしてしまった場所にはにおいが残り、そこがトイレと勘違いしてしまいがちなので、薄めた漂白剤や消臭グッズなどで、しっかりとにおいをとってください。

○排泄後はそのつど掃除を

トイレは、猫が使ったらそのつど掃除するのが基本です。排泄が終わったら出来るだけ早めに掃除しましょう。排泄した箇所の砂をすくって捨て、新しい砂を加えて混ぜてあげます。
猫は排泄物で汚れたトイレを我慢して使おうとは思いません。環境を整えてあげれば、猫はちゃんとトイレを覚えてくれますよ。