キャットフードはとてもたくさんの種類があり、いざ買おうと思っても選ぶのに一苦労です。
種類や特徴を知り、適切なものを見分けましょう。

○総合栄養食と一般食

キャットフードは、公正競争規約に基づいて「総合栄養食」「一般食」「栄養補完食」「副食」などの表記で、目的をパッケージに示しています。

総合栄養食は、猫に必要な栄養素を満たしていて、水と一緒に与えれば健康維持できるように作られています。主食に適しているのは、この総合栄養食のみです。

一般食や副食は必要な栄養をある程度は満たしているもののそれだけでは完璧ではないものになります。一般食は、いわゆる”おかず”的なもので、副食は”おやつ”になります。

食事は「総合栄養食」の表示があるフードを選び、必要であれば一般食を組み合わせるようにしましょう。

○ドライフードとウェットフード

総合栄養食と呼ばれるキャットフードは3種類あり、比較的安価なのがドライフード、いわゆるカリカリです。

メリットは、比較的安価なためコストが低いこと、粒が硬いため歯に付着しにくく歯石がつきにくいこと、常温保存が可能なので開封後の保存期間が比較的長めで管理しやすいこと、すぐに食事をしなくても、食事皿に置いた後も傷みにくいことなどです。

デメリットは、水分含有量が少ないため猫が水分不足になりがちなことです。ドライフードをあげる場合には、愛猫が水を飲むように工夫しましょう。
また、自然の食事と比較すると、炭水化物の含有量が高い傾向にあります。肉食動物である猫は炭水化物の代謝は苦手なので、高炭水化物食は病気の原因になりがちです。

もう1つがウェットフードです。

メリットは、基本的に肉や魚を主原料にしている製品が多いため、肉食動物である猫の好みに合っていることです。栄養バランスも自然の食事に近く、水分含有量も高いので、猫の食も進みます。
そして缶やパウチ等密封された状態で販売されているので、通常保存料は使われていません。

デメリットは、柔らかいのでどうしても歯に付きやすく歯石ができやすくなること、開封後の保存期間が短いこと、1食分のコストがドライより高くなってしまうことです。

そして3つ目が、セミモイストフードです。ドライとウェットの中間の特徴を持つ半生タイプとなります。

○ところで猫に必要な栄養素ってなに?

猫にとって必要な栄養素は「タンパク質」「脂肪」「ビタミン」「ミネラル(カルシウム・リン・鉄分など)」です。人間にとって必要な「炭水化物」は、猫にはとくに意識して与える必要なありません。

猫には特に、タンパク質が重要になります。中でも、タンパク質の成分である必須アミノ酸の1つ、タウリンが不足すると視力や心臓の働きに異常が生じる恐れがあります。植物性タンパク質にはこのタウリンが含まれていないので、動物性タンパク質から摂る必要があります。

猫に必要な栄養の割合は猫独自のものですので、猫のために作られたフードを選びましょう。

また現在では、「毛玉ケア」「歯石予防」などのプラスαの効果をうたったものや、「肥満対策用」「去勢・避妊済みの猫用」のように対象を絞ったフードなども用意されています。愛猫の健康状態に合ったフードを選んであげましょう。

○数種類をローテーションさせるのも必要

猫は警戒心が強いことから、好みが決まると、同じ味の食べ物をずっと食べ続けていても飽きない、と言われています。ただフードは突然同じものが用意できなくなったり、メーカーによるマイナーチェンジなどで味や原材料が変わったりします。さまざまな味に慣れさせておくと、病気などで専用のフードに変える時にスムーズに受け入れられますので、普段から1種類ではなく数種類をローテーションさせて与えましょう。

○メタボ猫急増!食事は適正量で

室内飼いの猫は、飼い主と遊ぶ以外は運動する機会が少ないですし、猫自体、余ったエネルギーを体内にストックするという「倹約遺伝子」を持っているので、とても太りやすくなっています。
太り方が人間と似ているらしく、見た目には太っていなくても実は内臓脂肪がついている猫も多いのだとか。
猫の体調管理は飼い主さんの責任ですので、体調にあったフードを与え、正しい食生活をさせましょう。