”お魚くわえたどら猫 追っかけて〜” という誰もが知っている国民的アニメの歌がありますが、猫は本当にお魚が大好きなんでしょうか?そのままあげちゃってもいいのかしら?そもそも本当にお魚が大好物?

今回は、猫が好きで喜ぶ食べ物と、与える時の注意事項などを調べてみました。

○猫は完全なる肉食動物

歴史から見ても長いこと人間とともに暮らしてきた猫ですが、食に関しては、犬のように雑食動物への変化などはなく、現在も完全に肉食動物として生きています。

その肉食動物の猫にとっての理想のエサは、実はネズミ、なんだそうです。ネズミであれば、必要な栄養がバランスよく摂取できるのですが、日本の猫が大好きだと言われている魚だと、青魚は黄色脂肪症(イエローファット)を引き起こすことがあり、淡水魚はビタミンB1欠乏症の原因になることもあるのだとか。
昔の日本人の主食は魚であり、その残りを与えていたので、猫が食べるようになっただけで、体にとっては魚がベスト!というわけでは無いようですね。

○やっぱりお魚には惹かれるかも

アメリカの動物行動学者が実験したところによると、猫の食用肉の好物のランキングは
1位が羊肉で、以下牛肉、馬肉、豚肉、鶏肉、魚、と続くそうです。
日本に住む私達には意外な結果に見えるのですが、やはりその国の人間の食生活が影響しているといえそうですね。

お魚は、新鮮なものを加熱して与えましょう。タイやタラなどの切り身をさっと湯がいて、余分な油を落としてから与えてください。与えるときには、魚の骨も取り除いてあげてくださいね。

マグロやかつおが好き、っていうイメージもありますよね。でもそのまま与えるには注意があります。
どちらもたまーに、そしてほんの少量にしましょう。動物性タンパク質やタウリンなどを豊富に含んではいますが、それ以上に猫には良くない成分も含まれています。あげ過ぎは病気を誘発します。

煮干しはリンの含有量が多いのでなるべく避けるようにしましょう。どうしてもというときには、小さめの煮干し1つ程度をおやつであげましょう。
カツオブシもマグネシウムの含有量が多いので避けるようにしましょう。特に尿石症の心配や病歴のある猫には厳禁です。とはいえカツオブシを好きな猫は多いですよね。その場合、お茶のパックなどに入れてフードににおいだけでもうつしておく、という手もあります。
煮干しもカツオブシも、猫用と表示されていても与えないほうが賢明です。

干物は、表面だけでなく身にも塩分が染み込んでいて、猫には塩分過剰になってしまいます。添加物が使用されていることもありますので、注意してください。

○肉食だけに、やっぱりお肉が好き!

茹でた鶏のササミとかを好んで食べる猫ちゃん、多いですよね。やっぱりお肉大好きです。
新鮮であれば、鶏肉や牛肉は生のまま与えても問題は無いようです。

しかしながら、お肉は種類や部位によって脂肪が多く、ちょっとのつもりでも高カロリーになりがちです。猫の肥満の原因にもなってしまいますので、注意して与えましょう。骨は取り除いてあげましょうね。

○乳製品や卵もけっこう好き

あまり味覚が発達していないと言われている猫ですが、実はアミノ酸の旨味を感じることが出来るようなんです。それでチーズなどが好きなのかもしれませんね。

でも乳製品にはタンパク質やカルシウム、リンなどが豊富に含まれているので、尿石症の経験のある猫にはあげないほうがいいでしょう。健康な猫であれば少量与えるのはOKです。

ゆで卵は、意外と猫の体にはオススメなんですよ。猫に必要な必須アミノ酸が豊富に含まれているので、栄養をしっかりと摂取できます。ただし、生の卵はNGです。生の卵白を食べすぎると、皮膚炎や結膜炎、成長不良を引き起こす可能性があります。

ヨーグルトは、砂糖なしのプレーンタイプを少量ならOKです。
チーズは、塩分のすくないカッテージチーズを大さじ1程度ならOK。スライスチーズなどは塩分が多いのでNGです。

それから、生クリームやコーヒーミルクが好きな猫ちゃんも多いのでは?でもオススメは出来ません。
生クリームは脂肪分が非常に多く、肥満の原因になっていまいます。
コーヒーミルクの多くは、牛乳ではなく植物性脂肪に乳化剤を添加して作られてる加工食品です。猫は植物性脂肪を代謝できないので、あげないほうがいいです。

○食べさせてあげたいけれど・・

好きなものをたくさん食べさせてあげたいけれど、やっぱり健康で長生きしてもらいたいですよね。
猫の健康のためにあげすぎには注意しましょう。