猫と暮らしていると、引っかかれたり噛まれたりなんて一度ならず経験してますよね。
その傷跡、ミミズ腫れになって赤くなったり痒くなったりしませんか?私はすぐひどいミミズ腫れになってしまいます。
とはいえ、症状自体はあまり気にしていなかったのですが、ある時その様子を目撃した友人に「もしかしたら猫アレルギーなんじゃない?」と言われ、初めて気になりました。
そこで、引っかかれたりした時の傷の対処法と、病気の可能性を調べてみました。

○引っかかれたり噛まれたりした時の処置

猫に引っかかれたり噛まれたりして傷できたり出血したら、まずはすぐに流水で傷口を洗浄しましょう。水道水で充分です。傷口の中まで届くようしっかりと洗い流してください。

その後消毒をします。家庭用消毒薬でいいでしょう。
動物に付けられた傷なので、細菌が侵入する心配があります。
流水で充分に洗い流しても細菌が傷口に残っている場合があるので、消毒薬を使いしっかりと消毒します。
出先などで消毒薬がない場合には、石けんで洗うだけでも効果があります。

傷が小さく浅かったり、痛みや痒みなどが無い場合には、消毒後に抗生剤の軟膏を塗っておきましょう。
傷口の薬が取れないように絆創膏やガーゼなどで保護しておいたほうがいいでしょう。

出血が止まらなかったり、腫れや痛みなどがある場合には、直ちに病院に行って見てもらいましょう。
特に免疫力が落ちている方、抵抗力の弱いお子様などは、傷が小さいからと素人判断をしてしまうとひどい炎症を起こす場合がありますので、注意してください。

○湿潤療法は使える?

現在皮膚傷には湿潤療法が用いられることが多くなっています。
湿潤療法とは傷口に消毒薬を用いず、また乾燥させてかさぶたにさせることなく、浸出液を利用して潤ったまま治療していくという方法です。傷の治りが早く、傷跡も残らないと言われています。

ですが、動物による噛み傷やひっかき傷の場合には、消毒は必須となります。
歯や爪による傷は意外に深く、動物が持っている細菌が奥深くへと入り込む可能性が高いので、感染症の危険性があります。

湿潤療法を行う場合には、消毒をしたあと、もう一度流水で傷口の消毒液を洗い流してから行いましょう。
ただし、傷が深かったり細菌感染の可能性がある場合には、湿潤療法が適さない場合もありますので、安易に判断せず病院に行って、医師に判断してもらいましょう。

○感染症の危険性を知っておきましょう

猫に噛まれた、引っかかれた傷から感染する病気には次のようなものがあります。

①猫ひっかき病(バルトネラ病)

文字通り、猫に引っかかれたり、噛まれたり、あるいは傷のある部分を舐められたりした後に発病することがあります。
猫についたノミの糞便中にいるバルトネラ菌が原因で、猫の口腔や爪に付着し、傷ついた皮膚を介して感染します。
バルトネラ菌は猫の5〜20%が保有し、特に子猫からの感染の危険性が指摘されています。

通常、数日〜数週間の潜伏期間の後にリンパ節の腫れや、発疹などの皮膚症状、発熱、全体倦怠感、吐き気等が見られます。夏から秋にかけて発生頻度が高くなります。

②パスツレラ症

病原体のパスツレラ菌は、猫の約100%(犬の約75%、鳥類も保有)が口腔内常在菌として保有しています。
パスツレラ菌の感染により、傷ができたところが腫れ化膿したり、呼吸器症状が出ます。
特に高齢者・糖尿病患者・免疫不全患者等の疾患を持つ人が感染しやすく、重症化の例も多く見られます。
呼吸器症状としては、軽い風邪のような症状から、重篤な肺炎まで見られます。皮膚症状は、傷ができた後約30分から2日で激痛・発赤・腫脹などを起こし、フレグモーネ(蜂窩織炎)になることが多く、免疫不全等の基礎疾患がある場合には重症化し、骨髄炎・敗血症になることもあります。

○病院は何科に行けばいいの?

まずは皮膚科、内科、小児科などが初診に適しているかと思います。
また傷の程度や具合によって、皮膚科・整形外科・形成外科など、診てもらう科が違ってくるので、総合病院に行くのがいいでしょう。
病院に行ったら、「猫に噛まれた or 引っかかれた傷」「飼い猫 or 野良猫」「いつ出来た傷か」「いつから、どんな症状か?」を医師に伝えましょう。